SAMPLE CAFE

オイルトリートメント

琉球アロマ月桃(サンニン)のオイルトリートメントは、私が今まで学び、そして経験した中から生まれたものです。琉球アロマ月桃(サンニン)は治療を目的としたものではありません。 ただただ、「少しでもラクになりますように・・・」「笑顔になりますように・・・」「ゆっくり眠れますように・・・」と願いながらトリートメントしています。 琉球アロマ月桃(サンニン)のメニューには、いろいろなトリートメントコースが1つ1つあるわけではありません。 たくさんコースが合っても、どれを選んだらいいのか迷ってしまうこともあるでしょうし、何よりお客様一人一人に合わせたトリートメントを提供する上で分ける必要がないと思ったからです。

かわったトリートメント(マッサージ)だねといわれる(笑)

私の施術はちょっとかわっているようです。(お客様の感想より)

アロマトリートメントは心臓に向かって流れるようなトリートメントを行うことが多いですが、 私はリンパの流れだけでなく、筋肉、経絡などなど その時の身体や心の状態により施術していくので、同じ部位を後でもう一回触ることもありますし、お疲れの部位を直接アプローチするだけでなく違う部位から間接的にアプローチしていったりもします。 他店のアロマトリートメントのメニューを拝見するとフルボディ(お顔を除く)で60分のコースが多いですが、琉球アロマ月桃(サンニン)では、60分で背面と前面を施術するのちょっと無理があります。中途半端に触って「ハイ終了」というわけにはいかないのでフルボディ(お顔を除く)コースを90分とさせていただいています。

手は最高の武器!!

アロマトリートメント(マッサージ)の実習で感じた手の温かさ、終わった後の身体が軽くなった感覚私はサロンで施術を受けて感じたことがありませんでした。

手は最高の武器です。 そして手はとても正直です。 手には体温があり、 皮膚にぴったりと密着してきます。 手はその人の感情を反映します。

お客様から『晴美さんのトリートメント(マッサージ)は施術が終わった後軽くなるから……』といわれたことがありました。そのお客様はアロマトリートメント(マッサージ)を受けるのが大好きな方で色々なサロンにいっている方だったので、「誰にやってもらっても軽くなるのではないの?」と聞いてみました。アロマトリートメント(マッサージ)は受けた後軽くなるものとずっと思っていました。だけど、実際はサロンで一度も軽くなったことがなかった。それは私が鈍感になってしまっているのだと思っていました。 お客様からセラピストによって手の違いがあるということを教えていただきました。

アロマも好きですが、私はやっぱりトリートメント(マッサージ)する事が何より好きなのですよ!! そして、色々とサロン経験をしてきましたが、やっぱりオイルトリートメント(マッサージ)が私の中では一番なのです。オイルトリートメント(マッサージ)の最大の良さは素手で相手の素肌を触るということだと思うのです。 こんな特別な事ができるのはそんなに、いやほとんどないことだと思いませんか? だから私はオイルのトリートメント(マッサージ)にこだわりをもっています。 そして、オイルの心地よい気持ちよさを一人でも多くの方に体感していただきたいと、思いオイルトリートメント(マッサージ)のメリットとデメリットを考え、今のトリートメント(マッサージ)が生まれました。

西洋の優しい手、東洋の強い手、月桃(サンニン)オリジナルトリートメント(マッサージ)

従来の優しいタッチのトリートメント(マッサージ)では物足りないという方が大半の方の声。

従来のアロママッサージは精油の成分を皮膚に浸透させて、その成分により心身の緩和をめざすものが大半。 そこで、皮膚表面をなでるような優しいタッチで代謝と脳への快適刺激により精神的トラブルに役立つ西洋のアロマトリートメント(マッサージ)と、局所に重点を置き痛みや緩和と軽減に役立つ肉体的トラブルに役立つ東洋のトリートメント(マッサージ)、 リンパマッサージやスポーツマッサージ、指圧整体の要素を取り入れた月桃(サンニン)オリジナルオイルトリートメント(マッサージ)で、施術後のすっきり感も大!他店では、コースごとにトリートメント(マッサージ)がわかれ、組み合わせて受けるという形が多く、どのコースにしたらよいか悩んでしまう方も多いのでは? 当サロンは一度で2つ、3つ・・・・のトリートメント(マッサージ)を受けているような感じです。 今までのアロマトリートメント(マッサージ)ではもの足りなかったお客様からも満足感を得ていただいております。

リラクゼーションを目的各トリートメントを合わせたもの+アルファが 琉球アロマ月桃のトリートメント
■スウェデッシュトリートメント スウェデッシュマッサージは今から約200年前、パー・ヘンリック・リン氏によって考案されました。 彼は、自分の専門分野であった保健体操、解剖学、生理学の知識をもとに、 スウェーデン国民の健康促進のためにこのマッサージ法を開発したといわれています。 その功績はのちに世界的に評価されました。 後にスウェデッシュマッサージは、アロママッサージの手法に大きく影響を及ぼしました。
★特徴・効果
少量のオイルでのトリートメント 表層の筋群だけでなく深部の筋組織まで刺激を与え、筋の緊張を緩める。 筋肉や神経の緊張をなだめてリラックスさせる。 血行を良くする。 毒素や老廃物の除去を助ける。 肌に潤いを与える
■アロマトリートメント 香りを用いた療法がアロマセラピー(芳香療法)です。 1920年フランスの化学者ルネ=モーリス・ガットフォセが研究中にやけどを負い、 とっさに近くにあったラベンダーの精油にその手を浸けた所、悪化することなく、痕も残らず完治したことから、 精油の研究を始め、アロマセラピー(芳香療法)という言葉が生まれました。 アロマテラピーをイギリスに伝えたマルグリット・モーリー女史により1961年に考案された技法で 治療的効果のある芳香性植物から抽出した精油の香りのあるオイルを用いたオイルマッサージ
★特徴・効果
精油のもっている薬理成分を体の中に浸透させる 肩こり、腰痛などを軽減 体液循環の促進 ホルモン系・神経系・循環器系のバランスを整える 精神的ストレスを排除し、気分を落ち着かせ、心をリラックスさせる
■ロミロミ ハワイ語で「揉む、マッサージする」という意味をもつロミロミはもともとハワイの王族の間に伝えたれた厳冬のヒーリングです。 クムと呼ばれる限られた家系だけに受け継がれ、限られた人々の間だけで行われてきた「秘技」でした。 1973年に一般の人々に広めたのが、カメハメハ大王の血族「アンティ・マーガレット・マシャド」女史でした。 手を密着させ、手の温もりを身体に伝えることによって、精神にも働きかけていくロミロミは、 世界で最もスピチュアルなヒーリングとして知られています。
★特徴・効果
ロミロミ技術は「これが基本」「こうしなければならない」という厳しいルールはありません。 本物・偽者というものもありません。 クライアントの状態に合わせてアレンジを加えて癒して行く 肘や腕を使ってリズミカルに、時には力強く全身を刺激する 筋肉の凝りをほぐし、血行を促進してリンパの流れを改善 新陳代謝を活発にして、内臓本来の機能を取り戻すとともに、 非常に深いリラクセーション効果をもたらす
■バリニーズ バリニーズマッサージは、17世紀のジャワ王室より女性の美と健康を保つために行われてたバリ伝統のオイルマッサージ法です。
★特徴・効果
はじめにタオルの上から経路をウォーミングアップしたあとオイルマッサージに入ります。 手のひらや手根、親指を使い、リンパの流れや筋肉組織にアプローチします。 自律神経や精神のバランスを整え、深いリラクゼーションをもたらす。 筋肉などの疲労回復、細胞組織の新陳代謝、血液やリンパ液の循環が良くなる 身体の浄化と再生を促す。
■リフレクソロジー リフレクソロジーとは、反射区療法のことです。 足・手・耳等に身体全体が反射投影されているという考え方から、その部分を刺激して 自然治癒力(人間の身体に生まれながらに備わる自然に病気を治す機能)を呼び起こす健康法
★特徴・効果
ウォークという親指を使った独特の動きをする西洋式と関節などを使って刺激すると東洋式があります。 リンパ・血液の流れや新陳代謝が良くなり、老廃物も出やすくなる ホルモンの分泌のバランスを整える 心地よい刺激によりリラックスすることでストレスを軽減
■指圧整体 経絡の流れやツボ(経穴)などを考え刺激を加え、体を調整
★特徴・効果
身体全体の血行促進 肩こり、腰痛などを軽減 肌に潤いを与える 気の流れがよくなる